沖縄焙煎の珈琲たち

久米島珈琲の仕事を始めてから、入り込んだ珈琲ワールド。

ちょっと覗いただけでも楽しく、深く行けばどこまででも行けそうな世界は、意外と身近に広がっていた。

 

他と比べたわけじゃないけど、沖縄って珈琲豆屋さんが多い?

いろいろ回ってみると珈琲豆もさることながら、味のあるお店がいっぱい。

 

珈琲についてアレコレ質問しながら、世界中から集まった豆を選べるのも嬉しい。

味の違いに驚き、豆の個性を活かす淹れ方を教わり、珈琲農園を想像させてくれる珈琲豆屋さんたち。

尊敬です。

 

ISLANDER Living Magazineで、いろいろな沖縄焙煎の珈琲たちをあちこちで薫らせられるように、珈琲豆屋さんを巡ってみようと思います。

毎週金曜日の那覇桜坂劇場前でも期間限定で数種類準備してるので、ぜひ一杯。

※期間終了しています。

 

IMG_2333

本部市場中にある自家焙煎珈琲「みちくさ」のバリ島キンタマーニ深い焙煎でクセになる。

フェアトレードでオーガニック。

 

IMG_2357

沖縄市泡瀬の豆屋さん「ポレポレ」のブラジルブレンド。ナッツの風味。

 

IMG_2358

那覇市栄町市場内にある「potohoto」のエチオピア イルガチェフェ。浅煎りで酸味の中にフルーツの甘み。

 

IMG_2367

宜野湾のベーグル&コーヒー「カクタス」の豆は、浦添の「CERRADO COFFEE」焙煎。

こちらもエチオピア イルガチェフェですが、深めの中煎りで個人的に今一番好きな珈琲。

 

時期と気分で何が有るかはお楽しみ。

他のお店も行ってみまーす。

 

※期間終了しています。

 

久米島珈琲もよろしくです!

image1-1024x1024